卓球通販・卓球用品について

ラバーについて

【卓球ラバーまつわる豆知識】

1880年代頃に卓球が始まったのですが、初期のラケットにはラバーは貼られておらず、卓球ラケットは単なる木の板にグリップをつけただけのものでした。

その後、木だけでは硬すぎるので、やわらかいコルクや皮を貼ったりしていたのですが、ラバーラケットが考案されたのは1902年のこととなります。

レジでお釣りを受け取る皿に貼っているブツブツのゴムを見たグッドという人物が、1902年に初めてゴム貼りラケットを考案しました。

 このゴムを貼った卓球ラバーは、かつてなかったスピン力を卓球ボールにつけることができ、それ以降、つり銭受け皿のゴムのようなブツブツがついた卓球ラバーが一般的となりました。現在でも「表一枚ラバー」という名称で、そのラケットは存在しており、少数ではありますが使用してる人もいます。


 現在使用されてる卓球ラバーは、「表ソフトタイプ」となります。表ソフトタイプのソフトとはスポンジのことであり、表ラバーにスポンジを重ねた卓球ラバーのことです。

さらに、ブツブツのラバーを裏返してラケットの板に貼った方が、ボールがよく弾み、スピンもかかりやすいという事実が判明し、裏返しラバーにスポンジを重ねた「裏ソフトラバー」が、表ソフトラバータイプを抜いて、現在の主流となっています。

 前述しましたように、現在一般的なのは、裏ソフトラバーの卓球ラケットなのですが、さらに研究開発が進み、多種多様な裏ソフトラバーが販売されているのが現状です。具体的には、高張力タイプ、高弾力タイプ、粘着タイプ、コントロールタイプ、アンチタイプなどのラバーが販売されています。

 高張力タイプは、メーカーによってはハイテンションラバー、エネルギー集約型ラバー、ビルトインパワーラバー等の名称が使われています。

強力な弾みを得ることができるので、強烈なドライブやスマッシュを決めることができるのですが、弾みが良すぎますので、ある程度のコントロール力や実力を要します。高張力・高弾力・粘着タイプは、比較的高価なラケットとなります。

 初心者の方におすすめしたいのが、価格が手頃なコントロールタイプとなります。価格が手頃というだけではなく、文字通りコントロールの性能を重視したラバーだからです。

弾みは高弾性タイプよりも劣るのですが、弾みが少ない分コントロールの性能が高く、扱いやすいために初心者の方にもっとも選ばれています。

 価格は高価になるのですが、高弾性タイプが現在の標準品として使用されており、それがゆえに、卓球初心者から上級者に至るまで、多くの人に愛用されているタイプとなります。

一般的な裏ソフトタイプラバーといえば、高弾力タイプのこととなっています。

ログイン・会員登録はこちら!

困った時はこちら!

店長日記(スタッフ日記)

こんにちは!店長の小林です。

オリンピックで卓球がメディアに多く取り上げられ、卓球の人気が伸びている中で多くのユーザーの方に卓球を気軽に楽しんでいただきたく【卓球通販渋卓】をオープンさせていただきました。

様々なキャンペーン、また見やすいサイトを目標にスタッフ一同で運営して行こうと思います。

ラケット・ラバーを中心に販売活動を広げて行きますので今後とも、よろしくお願い致します。

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日は基本的に土日祝日のカレンダー通りとなっております。
週末のご注文は月曜日より順次発送いたしますのでお時間がかかる場合がございます。
予めご了承のほどよろしくお願い致します。

ページトップへ